スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここをキャンプ地とする

上司に「岳」という漫画を貸してもらって、5巻ほど読みました。
ボランティアの山岳救助、島崎三歩が山で出会う人や遭難者と
関わっていく話なんですが、全ての要救助者が助かるわけではなく、
時には背中に背負った要救助者が背中でそのまま死んでしまったり、
現場に着いた時にはすでに亡くなっていたりとなかなかままなりません。
でも、どんな境遇のどんな性格の、生きていようが死んでしまっていようが、
主人公は要救助者に必ず「よく頑張ったな」と声をかけ、
生きて山を降りていった人には「また来いよ!」と挨拶します。
その優しさというか平等さが凄く良い。
レジャーとしての登山漫画、ではなく、レスキューものではあるんですが、
人との触れ合い方があまりに一期一会で、それでも暖かくて熱くて
一話ごとに泣けてしまって仕方ありません。
レスキューものでたまに見るセリフ、
「助かってくれてありがとう」とかそういうノリに弱いんだろうか。

本日の重量 X7.6kg (前日比変動なし トータル-2.4kg)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://s18on.blog63.fc2.com/tb.php/442-8e99db55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

中の人

sarrow(サロー)

Author:sarrow(サロー)
twitter:srw_Halberd

今興味のあるもの:FF14
スプラトゥーン

バイク:YAMAHA
DragstarClassic 400

FF14:Shinryu

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日記 (309)
食卓 (2)
FF14 (2)
UO (20)
お知らせ (3)
ゲーム (108)
旅日記 (10)
MOTHER2 PSI禁止旅 (12)
モンハン (4)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。