スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年歳末の出来事2/4

カールじいさんの空飛ぶ家を見てきました。
直前の金曜日に、映画クレしんのオトナ帝国と、一度映画館まで行って
柴犬ハァハァしてきたマリと子犬の物語を見ていたせいか、
ウルルの森の物語も捨てがたかったんですが、
久しぶりに若者以外が主人公な作品を見たかったので。
ディズニーピクサーの日本語吹き替えは個人的に結構味があって好きなので
(モンスターズインクの爆笑問題田中とか)、本当は吹き替えで見たかったんですが、
吹き替えだとなんか昔の雑誌についてきたメガネをつけて
飛び出す3D映画を見させられるハメになりそうだったので、
避けてしぶしぶ字幕版を見ることにしましたが、全然正解でした。
後に仕事場で3D版を見た人に話を聞いたところ、
最後の方でメガネをかけてる耳が痛くなったとかなんとかで。
字幕でも海外声優さんの演技はかなり良い味してます。
懸念した字幕自体の大きさも大きめで近視の私にも安心。

肝心の内容ですが、CMとかでは感動!とか泣ける!をうたってるんですが、
かなりギャグ色は強いです。ニヤニヤ、っていうんじゃなくて、ドッとなる笑いで。
犬飼ってる人にはあるあると笑えるネタがかなり多くて、ニヤニヤ要素もバッチリです。
例えば、ある人がお客を招いて、犬が見てる横で「さあおいしいものをご馳走しますよ」と言えば、
犬が「ごちそう」の部分に反応して大騒ぎするとか。
人の言葉を犬が理解するはずもない!と思うかもしれませんが、
実際「ゴハン」とか「サンポ」って言うと、本当にそわそわするんですよ。
感動部分はもうなんていうか、キャッチコピーにもなってる、
「愛する妻が死にました。 だから私は旅に出ます。」の部分が冒頭なので、
主人公カールじいさんとその妻の半生を追ってるだけでも感動できると言えばできます。
映画クレしんオトナ帝国の、ひろし回想シーンみたいなもんで。
その後、要所要所のカールじいさんの心境の変化とその行動にはなかなかグッときたので、
感動部分も個人的にはかなりおさえてるかなと。
( ネタバレ感想 「自分の冒険に生きて」の妻のメッセージを見たカールじいさんが、
  ラッセルを追うために家の中の家具をガンガン捨てだすシーンが特に。
  妻に縛られてる、って感じではなかったけど、人生の転機としての
  じいさんの新たな決意がアツかったんです。
  地面に放り出された、妻と隣同士で座る一人用ソファー×2が決別の証!
  あとはエンドクレジットで、ラッセルと一緒にボーイスカウトに従事する
  じいさんのイキイキした顔がもう・・・もうな!
  ラッセルが全編でプリップリしてて超可愛い。
 ネタバレ感想 )
あんまり映画は見に行かないんですが、
今年はサマーウォーズとこれと、良いのにめぐり合えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://s18on.blog63.fc2.com/tb.php/248-6ec8d00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

中の人

sarrow(サロー)

Author:sarrow(サロー)
twitter:srw_Halberd

今興味のあるもの:FF14
スプラトゥーン

バイク:YAMAHA
DragstarClassic 400

FF14:Shinryu

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

日記 (309)
食卓 (2)
FF14 (2)
UO (20)
お知らせ (3)
ゲーム (108)
旅日記 (10)
MOTHER2 PSI禁止旅 (12)
モンハン (4)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。