スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シュタインズゲート】0が過去で1が未来

♪慌てんぼうのサンタクロース
  一ヶ月前にやってきた♪


セルフクリスマスプレゼントの候補として私の心の中で大きく立ち上がっていたゲーム、
シュタインズゲートクリアしました。
色々過程を掻い摘みましたが、そういうことです。



公式サイトを見て、オープニングアニメを見てしまったのが運のつき、
気付いたらその日のうちに体験版を落として3時間かけて体験場を終わらせ、
鼻息荒く翌日の仕事が終わった後に車を走らせてゲーム屋へと赴き、
翌日が休みなのをいいことに帰ってきてから寝るまで実に6時間ぶっ通しで遊び、
目が覚めたら身支度を整えて朝の8時半から夜の0時半まで、
食事、トイレ、入浴、飲み物確保の小休憩以外はみなぎりながらのめりこんでいたお陰で
一気に完全クリアまで駆け抜けることが出来ました。
まだ自分の中にゲームに対するこんな情熱が残っていたことが嬉しいです。
そしてそんな情熱を呼び起こすことになったこのシュタインズゲートは、
ネット上でかなり持ち上げられるていて、その前評判の地力はあるなと納得しました。

お話は、アニメやゲーム、マンガなどのメディアに影響されてしまって
現実世界でも自分はまるでファンタジー世界の住人であるような錯覚を覚えてしまっている
ネットスラングで言う中二病を患わっている大学生、岡部倫太郎とその仲間が
過去にメールを送ることが出来るタイムマシンを開発してしまい、
身に降りかかる不幸な出来事を回避するために過去へ干渉していく、という
筋としてはありふれたものだったりします。
メーカーが謳うこのゲームのジャンルは、想定科学アドベンチャーゲームということで、
一応タイムマシン周りの設定や、過去を改変するにあたってのアプローチに
科学的な説明やそれを基にした注意なんかをキャラが喋ったりしていて
その説明が理解できなくても、雰囲気は出ていてそういうものなのかと納得させられます。
声優さんの演技も違和感なく、全編においてページ繰りのAボタンを押さないことを推奨します。
私は気に入った所とか、もう一回聞きたいと思った所をバックログで聞きなおす以外は
話をドンドン読んでいきたいので、バンバンAボタンを押してページを繰りますけども。
お陰でボリュームとしては全編オートモードで遊んだ場合の半分くらいの時間で終わりました。

キャラデザインは初音ミクのブラックロックシューターを描いてる人なんだとか。
このゲームの前作・カオスヘッドノアが言い方悪いですけど、今風の萌え萌えした絵なんですが
今作はなんとも独特なタッチで、結構それが個人的に良いなと。
最初から好きなものでしたから、慣れとかも必要なくプレイのサクサクさに拍車をかけました。
話の中でネットスラングや、2ちゃんねる語っていうのが頻発するので、
それの耐性も必要です。耐性っていう程でもないくらいに自然に溶け込ませているので、
知らない人ならもうそのまま違和感なく進められちゃうかもしれませんけれども。
もう一つ、スキップ中にデタラメにボタンを押すとかなりの確率でフリーズするので注意。
折角クイックセーブが右スティック押し込み一発で出来るのに、
フリーズしたらゲームリセット以外に復活の手段がないので、クイックセーブの意味が
全くなくなってしまうのが唯一の心残りです。






-----ネタバレ感想とか-----





ホラー要素や血生臭いものは演出としてはほぼなく、どちらかといえば不気味さが
このゲームの緊張感を持たせる要素なのはいいんですが、何しろ可愛いなと思ってた少女が
いきなり死の運命にとらわれたまゆりをドーン!と線路の上に突き落として事故ではありますが
殺してしまった時の少女のドアップCGは正直怖かったです。
Xbox360のある部屋っていうのが、プレイする際に後ろがガラス張りの障子戸一枚なので
かなり背後が気になる環境なので。
まゆりが死ぬというアトラクトフィールドの収束から逃れるためには、と試行錯誤で
まゆりが死にまくる場面から、Dメールを打ち消してダイバージェンスを戻していけば
どうにかなる!と希望が見える時まではずっとゲンナリしながら遊ばなきゃいけないのが辛くて。
おまけにそこまで行くのに一回キャラ個別エンディングを迎えなければならなかったりで。
辛いって言ってもやってられない!んじゃなくて、辛いなあもう!とニヤニヤしながらですが。
初タイムリープの時の、紅莉栖の「本当にいいのね!?」って絶叫から、
オカリンの「跳べよーーーーッ!!!」の雄叫びは声優さんすごいなとビビりました。GJ過ぎて。
その後、今をときめくエンドレスエイト展開から、どう反撃していくのかと思ったら
スタッフロールが流れた始めた時にはさすがに驚きました。
フェイリスエンド→妥協すんなよ!
るかエンド→そんなんでいいわけないだろ!
萌郁エンド→ないの!?ないの!?
まゆりエンド→目的達成なのに、スッキリしない、次次!
紅莉栖エンド→助かってねぇー!

とトゥルーエンディングまで一区切りつけるとしたら、
大体の人が最初に出会う鈴羽エンドしかないと思うんですよね。
友達も言ってましたが、かなり前向きで最初のプレイのシメには一番向いてるのかも。
ただその鈴羽エンドまでの失敗した失敗した失敗した手紙とか、
エンドレスエイト中のオカリンの鬱っぷりがいい感じに、物理的にプレイヤー泣かせ。
真エンディングに突入する時の演出は鳥肌立ちました。
何故か個人的に恐怖スイッチが入っていたので、
あの長いコールが何を意味するのか悪い意味でドキドキだった所に、
いよいよ全てを打開するための始まりが告げられたんだ!って分かる辺りで一気にぞぞぞっと。
タイムトラベル(リープ)モノのクライマックスの盛り上がりっていうのがあの辺りから
味わえて、それまでに貯まったストーリー上のストレスから解き放たれるのが醍醐味でした。
もう少し長ければ、もっともっとオカリンに感情移入してボロッボロ泣いてたと思います。
感動とか鬱展開より、最近はアッツいところに何故か泣けちゃうので
11章の紅莉栖救出一回目失敗の後でオカリンを励ますまゆり、BGMはOPテーマっていう所が
個人的に一番の泣かせどころでした。ラスボスがまさかのドクター中松っていうのは大笑い。
あれが紅莉栖の親父とか!

で、真エンディングを迎えてスッキリした後に全CGの回収を頑張って・・・というよりは
それまでに全部のルートを通ることになるので、それが最後の一枚を残すだけだったんですが
最後の一枚がゲル化したまゆりっていうのは皆さん通る道なんでしょうか。
2週目からはフォーントリガーで分岐する所でスキップが止まるしアイコンが出るわで
攻略サイトは必要ないかなと思ってたせいで、あのCGを真エンド前に回収しておくこと、
後悔先に立たずの注意書きを見事にスルーしてしまいました。
他もゼリーマンより顔があんまり溶けてなかったのがせめてものダメージ軽減。
やっぱりこのゲーム最恐は、あの少女。
CGを全部集めたなあとCGリストを見てる中で、
あの少女のCGがサムネイルからもう恐いんだもん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://s18on.blog63.fc2.com/tb.php/239-732798ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

中の人

sarrow(サロー)

Author:sarrow(サロー)
twitter:srw_Halberd

今興味のあるもの:FF14
スプラトゥーン

バイク:YAMAHA
DragstarClassic 400

FF14:Shinryu

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

日記 (309)
食卓 (2)
FF14 (2)
UO (20)
お知らせ (3)
ゲーム (108)
旅日記 (10)
MOTHER2 PSI禁止旅 (12)
モンハン (4)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。