スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTHER2 PSI禁止旅9

・テレポーテーション以外のPSI禁止
・ペンシルロケットシリーズの使用禁止


まだ前人未踏ではないにしろ、そろそろ踏み入ってくる人が河口浩か藤岡弘、探検隊くらい
ジャングル、魔境に辿り着いた帰宅部たち。
テレポーテーションを覚えたいサルにテレポーテーションを伝授したら、
ほんのきもちとしてサルのきもちを手に入れました。
使えばサルがやってきて敵を羽交い絞めにして、ねばねばマシンと同じく
敵の動きを1ターン止めてくれるアイテムなんですが、その確率の高さと
通じる敵の多さからかなりの良アイテムとして知られています。
動きの速さと攻撃力の低さから、プーに持たされることが多いことも。
帰宅部一行ではさすがの年長者として攻撃の筆頭ではないにしろ、
バランスのいい役立ち方をしてくれる彼に持たせても使いどころがないので、天然行きです。
ジャングルの奥深くは密林がうっそうと茂っているために一寸先すら見えない暗黒地帯。
そこでピラミッドで手に入れたタカのめを使い、視界を開けさせます。
頭の先まで毒の沼地に浸かってザブザブ進むと、ゲップーと色違いのグラフィックの亜種、
でかぐちゃぐちゃと戦闘になり、悪臭ゲップを吐かれてイケメンの気分が悪くなってしまいました。
ピラミッドからいのちのつのぶえの補給をしていないので、魔境の入り口にトンボ帰りして
今まで一度も使ったことのない、医者のセンセイの治療を受けました。
木陰で「私の必要なんかないんじゃあないか」とスネる彼の治療法はなんと、
「ゲンキニナレ」と患者の耳元で囁くこと。そのあまりのシュールさに驚きました。
ある意味ムーンサイドより度し難いぞ、このシチュエーションは。
テレポーテーションで魔境が登録されていることを思い出し、サターンバレーで
いのちのつのぶえをそれぞれ1つずつ、天然には3つ持たせていざ魔境越え。
毒の沼に浸かっていると移動速度が遅くなるうえに小さいダメージを受けることになるので
テレポーテーションαを使う人も多いでしょうが、コンセプト上さすがにそれは。
ここでもフランクリンバッヂが大活躍。でんきウナーギナカイくんの放電を
面白いように天然がはじきます。とはいえ敵もさるもの、その名もキツいわにの
キツい一撃がSMAAAAASH!!!でもないのに一発220ダメージで天然がいきなり致命傷を
負わされたり気の抜けない場所ではあります。バズーカとバットの矛先最優先。
それと驚いたのが、戦いに関してはザコそのもののねちっこいナメクジが落としたアイテムが塩。
落ちていた最強のコイン、おみやげのコインがアイテム枠の関係で持てなかったので
その塩を単品でイケメンに食べさせました。ホラ、今夏だし水分と塩分摂らないと。
でかぐちゃぐちゃの襲来はあれっきりで、特に状態異常にかかることなく魔境の奥深くで
かえってきたゲップーとの戦闘がおっぱじまりました。
そういえばゲップーの捨て台詞に再来を予感させるような内容があるんですが、
存在すら忘れられてる彼なので対策のはえみつなんざ持ってる人はまずいないでしょう。
よしんば持っていたとしても、パワーの源であり弱点であるはえみつを克服したのか、
以前のようにがっついたりはしないのでアイテムスロットのムダです。
はえみつがなくとも、先ほど貰ったサルのきもちで
結局はえみつがもたらした展開と同じようなことになりました。一方的な封殺。
ペースト状の体を持つゲップーですが、それでもなお小さい体で羽交い絞めにするサル。
そんなに命を懸けるほどのものだったか、テレポーテーションは。
ミイラの包帯、スーパーバズーカ、SMAAAAASH!!!!の全力コンボが決まると、突然空から
32歳が修行の成果であるスターストームαという名の
急降下による体当たりを慣行してきました。
PSIなんてものは存在しませんよ、ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから。
テレポーテーション?あれは移動手段を駆使してるところをカットする編集技術です。
ご都合主義もびっくりのムリヤリ解釈でかえってきたゲップーに引導を渡し、
特になんの再開の言葉もなく沼を進む一行。
相変わらず32歳がパーティに入ると汚い所を進むもんだ。
魔境の最奥部に辿り着くと、そこには大きな洞穴を住みかとするグミ族たちの村がありました。
どっこいそのグミ族たちは重度の無口で、コミュニケーションが一切取れないので
グミ族の長が言う「むくちをなおすほん」を取ってくることになりました。
外へ出た時に相変わらずのナイスタイミングで、むくちをなおすほんの持ち主であり、
とうとう自分の才覚が人と違うレベルであることを自覚したアップルキッドから電話が入りました。
が、その途中で何者かの襲撃にあい、電話が途絶えました。アップール!
彼の電話の内容から、彼がウィンターズのイケメン父ラボにいるのは分かったので、
いざウィンターズへ。サマーズのホテルに泊まった翌日の新聞記事の伏線は、これ。

ウィンターズは以前イケメンが歩いたような獣なんて生易しいものではなく、
明らかに地球の生き物でない奴らや、メカメカしいギーグ腹心の連中が蔓延っています。
それなりに苦戦しながらもラボへ辿り着き、ストーンヘンジの中心から降りる
ギーグの部下、スターマンDXが管轄するストーンヘンジ基地への道をふさぐ鉄のコケシを消す
こけしけしマシンを手に入れて誘拐犯撲滅キャンペーンを開催。
ここではある意味この旅の山場があります。
それは、32歳唯一にして絶対の武器、おうじゃのつるぎ。
ここで出現するスーパースターマンが極小確率で落とすものの、それを知った時には
ボスのスターマンDXを倒してしまってこの基地から敵の姿が消えてしまい、
スーパースターマンはこのゲームでこれ以降一切出ないという
かなりの限定条件でしか取れない武器のため、このゲームにおいて
一番のレアアイテムと言われる装備ですが、その価値は絶対ではなく人それぞれ。
ですが、先に私は唯一にして絶対の武器、と言いましたので私にとっての価値はそれで、
今まで手に入れようとしなかったおうじゃのつるぎをここで手に入れてやると考えていました。
アイテムを持っていることがある敵が、そのアイテムを持っている場合
戦闘後のアイテムドロップ判定をすっ飛ばして確実に手に入れられる
イケメンのコマンド「チェック」を駆使して、スーパースターマンを次々に倒していきます。
連中のフィールドでの移動の仕方は、普通の敵のようにこちらに向かってくるのではなく、
ワープしていきなり出現するというものなので、スターマン目掛けてこちらから歩き、
奴がワープしてこちらの列の真ん中で出現したらいきなりそちらを向けば
奴の後ろを取ったことになり、敵としては苦戦する敵なんですが、
先制攻撃というアドバンテージによって狩りとしては長く続けられるカモともいえます。
一緒に出現することもある、かなり頻繁に仲間のHPを全回復させる
エナジーロボは普段であれば邪魔極まりない存在ですが、PSIが使えない今回は
32歳の特殊コマンド「へんしん」で奴に変身してHP全回復能力を逆手にとってやれば、
継戦能力は格段に上昇します。っていうか必須です。
例え敵全員のHPが満タンであろうともHP回復を繰り返そうとする姿勢は、
こちらの回復が確実になることを意味してますし、要素の何もかもが追い風。
ウィンターズのテレポーテーション到着場所はラボからタス湖を挟んだ前、
イケメンが住まうスノーウッド寄宿舎の前なのでサターンバレーに買出しに戻ってしまうと
ここまで戻ってくるのがかなりおっくうですし。ただ、セーブはラボへ戻ってこまめにしていました。
ここで狩りをおっぱじめたレベルからそれぞれが10近く上がったことですし。帰宅部レベル76。
特にレベル上げをしない初回プレイヤーであれば、これでゲームクリアは可能です。
ひたすらスーパースターマンを凝視してはお前じゃない!とちぎっては投げを
続けて3時間、とうとう「脇にプレゼントの箱があるのを見つけ」、
おうじゃのつるぎを手に入れました。
そうして上がった32歳のオフェンスは139から169。
帰宅部には一歩及ばないものの、イケメンと同等の力を持つようになりました。
メガネの見た目と設定から想像はしにくいですが、イケメンは戦士タイプのキャラです。
先手は取れないしHPにちょっと不安があるけど、火力は十分という
世界樹の迷宮で言えば後衛のガンナーのような存在で、
32歳は先手も取れるしHPも高い前衛向けのソードマンといった所。
PSIアリならもうドラクエの勇者とか、他RPGの主人公と言っていいくらいのバランスのよさです。
言われてるのは知ってたけど、完全に心で理解しました。プーというキャラは、強い。
すぐさまあなぬけネズミを使ってラボへ戻りセーブ、
そして体勢を整えていざアップル救出作戦。宇宙人ども、人類を無礼(なめ)るな!
と言わんばかりにゴージャスのバットで叩き伏せ、デスビームで打ち抜き、
おうじゃのつるぎで切り捨てる人修羅3人+1人の猛攻はとどまる所を知らず、
気付いたらスターマンDXの屍の上に立っていました。
なんか奴が誰も来ない応援を呼んだり、サイコシールドなんてファンタジーや略な
ムダターンを重ねているうちに張り倒してました。後々攻略サイトを見たら、
奴の攻撃手段にスターストームαという突進技があって戦慄しました。
とはいえ、速攻ピザでホームピザパーティをおっぱじめるだけなので
もう完全に戦力としてはレベルに裏打ちされた高い所でのまとまりを感じました。
あとサイコシールドを使われた後、アンチPSIマシンが通ったっていうのも大きいです。
スターストームさえ封じれば怖いものはないってことですね、恐るべし。
スターマンDXのいる部屋の手前の部屋で、培養液みたいな緑色の液体が詰まった
カプセルに囚われていた人たちを救出成功。
アップルキッドやイケメン父、高い科学力を持つどせいさんは帰宅部たちの協力者として
ギーグを脅かす存在であるのは分かるんだけど、ヒッピーみたいなお兄さんや
ペテネラと同じグラフィックのおっさんが囚われてたのはなんでなんだろうな・・・。
何はともあれ、アップルキッドがすでにオネットの図書館へ返却していた
むくちをなおすほんを司書のお姉さんの手続きをすることなく借り、
グミ族の長に又貸しすることで一晩でコミュニケーション上手になったグミ族たちの
協力を得て、村の奥から続く深い穴、帰宅部第7の場所であるルミネホールへと歩を進めます。
スポンサーサイト

コメント

DXスターマンにポーラ覚えたての「サイコシールドΩ」を張って
2ターン程で瞬殺したのは良い思いでです(`ω`)

ってことは向こうがお構いなしにスターストームを
ぶっ放してきたら、丸ごと集中砲火ってことですか・・・。
かえって全力攻撃に集中できるし、鬼畜火力ですね。
今度遊ぶ時は、サイキッカーとしての修羅道を歩むのも、いいかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://s18on.blog63.fc2.com/tb.php/174-a98b72d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

中の人

sarrow(サロー)

Author:sarrow(サロー)
twitter:srw_Halberd

今興味のあるもの:FF14
スプラトゥーン

バイク:YAMAHA
DragstarClassic 400

FF14:Shinryu

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日記 (309)
食卓 (2)
FF14 (2)
UO (20)
お知らせ (3)
ゲーム (108)
旅日記 (10)
MOTHER2 PSI禁止旅 (12)
モンハン (4)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。