スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTHER2 PSI禁止旅2

・テレポーテーション以外のPSI禁止
・ペンシルロケットシリーズの使用禁止


故郷の町を離れ、隣町ツーソンにやってきた帰宅部。ここでは、オネットにも噂が届いていた
超能力少女「てんねん」を仲間に引き入れることが大きな目標になります。
辺りを歩く人に話を聞いてみても、天然少女の話題か、クラブハウスで毎晩盛況なライブを
催すバンド・トンズラブラザーズの話題で持ちきりです。
警察にいわれのない因縁をつけられて、連戦を強いられてツーソンへの道中は
歩くキノコに襲われ、ツーソンの街中では歩き回ってるだけで
ギーグの瘴気に当てられた頭のおかしいジミなにいさんやきままな兄さんに
ストリートファイトを申し込まれたため若干体力の消耗を感じたので、
ホテルに泊まったら夢の中で何やら電波を受信しました。
「きたくぶ!きたくぶ!・・・わたしはてんねんです。どうかたすけにきて!」
自称天然に本物の天然はいやしません。
この旅では超能力や鏡の中の世界なんてありませんよ、
 メルヘンやファンタジーじゃあないんですから
ときわめて冷静に物理攻撃や機械で戦う人しかいないので、
「わたしってー、不思議な力があるんですよぉ!」なんて言う奴は信用なりません。
彼女の母親も、「しんぱいいらないわ、あのこにはカミサマがついてる。」なんて
いまいちピンとこねぇことを言ってましたし。あの親にしてこの子あり。
そんな彼女を仲間にしろと言うブンブーン確かに胡散臭いですが、
彼は未来人で機械の力を取り入れてるため、一応信用に足る存在であると言えます。

どうやら天然少女はどこかの誰かに誘拐されたらしく、一晩明けても戻ってこなかったようで
彼女の親父が血相変えて「おやつの時間だぞー!」と叫びながら街中を走っていました。
彼が怪しんでいる、ヌスット広場の親分であるトンチキさんという無頼漢に
話を聞いてみようとヌスット広場へ乗り込んでみたら、いきなり彼自信が襲い掛かってきました。
ひたすらおっさんをバットで殴り続ける少年と、少年のハンバーガーを執拗に狙うおっさん
というシュールな映像が広場内で繰り広げられて、快勝。
トンチキさん曰く、デブのガキと全身青タイツの新興宗教の信者に小屋を貸した、とのこと。
人々の話を聞くに、ツーソンから東のグレートフルデッドの谷の小屋が誘拐場所であることは
濃厚なので、いざ谷越え。
ですが、この谷が序盤の中ではかなりのデンジャースポットで、通常プレイでも
きちんと装備、アイテム、レベルを整えておかないと痛い目を見る場所です。
まあ名前からして偉大なる死の谷なんてジョジョ5部では規格外の危ない能力で
主人公達をおおいに苦しめ、その人柄から多くのファンに兄貴として親しまれる
キャラクターの能力名ってことで、名前通りの警戒が必要です。
今回はアイテムをシビアに絞る必要があるので、何度かに分けて谷越えを考えてます。
まずは谷の最初で道をふさぐてつのタコに触れてフラグを立てて、
ツーソンに住む発明以外の生活がへたくそなアップルキッドにタコ消しマシンを作ってもらい、
タコをデリートしてからはすぐにエスカルゴ便で預かりに来てもらいます。
今後しばらくは使う予定がないので、持てるアイテム枠を増やすためですね。
あと自転車は最初からレンタルしてません。すぐに天然の家から拝借してきた
ぬいぐるみを連れるので二人乗車になっちゃいますし、
天然が仲間になればどうせ使えないので、
事実上ツーソン探索用ってことでいちいち預けるのも面倒ですし。
回復アイテムは、デパートで買えるいつもの安心クオリティハンバーガーと
ヌスット広場の調味料屋で買えるケチャップのコンボで、
一度に100オーバーの回復量を叩き出せるハンバーガー改と、
この旅の回復アイテムとしては早くも最高品質のマッハピザのLサイズ(250全体回復)
乗り切るつもりです。

レベル上げと、道中の宝箱回収もかねて最初の谷越えトライ。
まず開幕、あるくキノコに胞子をかけられて混乱、自分を殴って大ダメージと
幸先のいいスタートを切ったのを皮切りに、ひとくちユーホーのねびえビームによって
風邪を引いた帰宅部、その状態異常の存在を忘れてたがために回復手段はなく、
いちいち回復アイテムを消耗するのも面倒なので適当に敵に負けて帰ろうかと思いましたが、
なんとマップ上でボンヤリしてたら風邪の定期的なダメージによって死にました。
歩数でダメージ加算ではなく、時間であることに驚きましたし、
ドラクエ1、2ではバリヤーや毒の沼地で死人が出るとはいえ、
まさかここでも同じようなことが起きるとは知りませんでした。新たな発見。
だだくさに遊んでるつもりはないんですが、どうしても死亡回数はかさみます。
何度かキノコだのめ(芽)だの、断末魔に噴火する樹木をぶっ飛ばして
レベルが20を突破したので、確か初回プレイの自分が小学校2年の時には
キアイβを覚える22でらくらくクリアしてたなと思い、本格的なアタックをかけることにしました。
準備としてはカバンいっぱいのハンバーガーとケチャップ、2枚のピザと
敵の攻撃を受けてくれる事実上のHP予備タンク的存在のぬいぐるみ、
そして谷越えに挑む直前のバス停留所の電話から、
予めマッハピザにオーダーをかけておくことで注文から配達までの3分のタイムラグを利用して、
途中のアイテムが減ってきた所で、補給部隊が来てくれるシステムを構築しました。
自分でも怖いくらいの万全な態勢で挑んだ今回はきわめて順調で、
道中半ばで改めて食らったねびえビームが響いて来たころには
たった30分前の愚かさを再び繰り返すということをしてまでもどうにか谷越えに成功しました。
最短ルートを通ったため、ぼうしヘルメットはこの際無視です。
いのちのうどんなんて天然が仲間になったとしても、どうせ天然が低レベルなうちは
箸が転んでも病院送りになることは目に見えてるので、無用の長物です。無視無視。

天然を生贄として捧げようとする新興宗教・ハッピーハッピー教団の本拠地、
ハッピーハッピー村へ到着。ひとまず回復アイテムも尽きてる上に風邪引きなので、
とっとと病院で治療を受けます。
ですが、ふとツーソンでのかぜぐすりの値段・22ドルを思い出したので
治療費30ドルを要求する病院から踵を返して、ドラッグストアへ駆け込んで薬を服用。
街中に宗教にくびったけな言動の人々が溢れかえっていますが、
お医者様だけは「あっそ。」と、安心のいつものぶっきらぼうな対応でした。
ドラッグストアの公衆電話ですぐにセーブして、長くお世話になった・・・その分
多くの生き物の外殻を壊し、骨を歪め、多くの植物の幹を折った魔のバットことふつうのバットを
いいバットに交換しました。オフェンス、大幅アップ。
あと調味料の取り扱いはないので、ハンバーガーでの大回復から、
無人販売所で販売してるうみたてたまごによる、回数の増えた小回りのきく回復にシフト。
代金未払いに怒るジミなにいさんを返り討ちにする、あまりに乱暴な帰宅部。
部活に向けられるエネルギーがストリートファイトに向けられる、結構凶暴な奴かもしれません。
「おれをたおしても、りょうしんはいたむだろう、クックック・・・」と捨て台詞を吐いていますが、
一個だけ代金未払いをしてしまったならともかく、
カバンに詰められる限りの卵を持っていくチンピラにそんな良心があると思うのか?
村の北にある洞窟から、天然が監禁されている小屋へ辿り着き、ボーイミーツガールの巻。
ハッピーハッピー教団の教祖・カーペインターが使う電撃の超能力から
身を守るための秘密兵器・フランクリンバッヂを携えて、いざアジトの集会所へ。
信者達は経験値の見入りがいいので、積極的にぶっ飛ばしながら2階へ進みます。
帰宅部を返り討ちにしようと、戦闘に入る前からいきなり必殺の電撃を放ってきますが、
フランクリンバッヂで完全無効化どころか、反射する始末。
1ターンで帰宅部の殴打のダメージも含めて、300近くたたき出した所でいきなり平伏。
女神転生シリーズの終盤、攻撃方法が極まってきた人にありがちな負け方ですね。
悪い夢から覚めたようにいい人に戻り、帰宅部と天然、そして宗教に巻き込んだ人々に
謝罪をするカーペインターさんは、たまたまギーグの洗脳の標的になったようで、
あくまで普通のおっさんでした。
天然が監禁されている小屋の鍵を貰い、
小屋の前まで来てとうとう最初の仲間が・・・というところで集会所に入る前、
「俺があの家に入って30分して戻らなかったら突入してくれ」と電話で指示を受けていた
マッハピザのおっさんが空気を読まずにピザを差し入れてくれました。
時間差、失敗。
「わたし、ちょっとくらいならアブないのうりょくをつかえるの」とはパーティイン時の天然談。
うそつけ!

レベルとステータスが上がるまでは、単なるクロワッサン保管庫兼パン祭り係りの彼女を連れて、
村の東にある聖域こと自分の場所2箇所目・リリパットステップ攻略に向けてレベル上げ。
本来ここは、ポーラのPSIがいかに強いか!ってデモンストレーションのダンジョンなので
敵も火力が高く、短期決戦で決着をつけないと毎回回復しないと危ないダメージを負います。
奥まで進んで荒ぶるクマと戦って天然が病院送りにされることを恐れて、
入り口付近でモグラやコウモリと戦って経験を積むこと30分。
天然のレベルも20を超えたので、そろそろここの主であるきょだいモグラに戦いを挑んでみます。
が、開幕シールドαを張られてこちらの攻撃力が激減!
前回のアリといい、テクニシャンが多いな、この世界のナマモノは・・・。
そんな力など俺は信じん!とばかりに、ひたすらパン祭りと殴りを繰り返しますが、
敵もさるもので、ライフアップαを駆使して戦闘を長期化させます。
シールドを張られてる上、向こうの方が一発の攻撃力が高いので一手間違えれば
HPと防御力が高いはずの帰宅部すら危機的状況に陥ります。
が、モグラのSMAAAAASH!が天然にぶち当たることで、戦況が一変。回復アイテムも尽き、
いよいよ「たたく」コマンドを指示するAボタンを念じながら押す戦いになりました。
ところが天然の散り際の一矢がSMAAAASH!で、ライフアップ分で稼がれたHPを削る。
ボス戦ってのは、こうなってからが面白いんだよ!
2ターンほど刹那的なやり取りがモグラとの間で交わされ、
帰宅部への致命的なダメージが与えられたところで、闇雲に放った一撃で、勝利。
モグラが陣取っている場所から奥へ進むと、2つ目のパワースポット・リリパットステップに到着。
赤い帽子の赤ちゃん・・・自分の幻が見えました。

行きは辛いが、帰りはよいよい。ツーソンへ凱旋帰還しようとしたところで、
ふと帰宅部が戦う空しさを感じたり、マッハピザを食べたくなりとホームシックにかかりました。
自分が自宅に帰った際、母ちゃんに用意してもらう好物「マッハピザ」。
この旅での燃料になる大事なアイテムなので、あえての捻りなし。
ツーソンに着いてからは天然と帰宅部両人の親へ報告をして、
帰宅部の腕っ節の強さを見込んで子分入りを熱望するトンチキさんから
契約金の札束を貰いながらも子分入りを断り、ライブハウスの経営者から詐欺を受けて
ずっとツーソンにとどまらざるを得ないトンズラブラザーズを金の力で解き放ち、
ライブを堪能したあとは彼らの運転するトラベリングバスへ乗り込んで脱ツーソン。
舞台は新興宗教とどっこいで自分の身に降りかかったら嫌な、
オバケとゾンビが蔓延るスリラーナイトことスリークに移ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://s18on.blog63.fc2.com/tb.php/159-8678ffe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

中の人

sarrow(サロー)

Author:sarrow(サロー)
twitter:srw_Halberd

今興味のあるもの:FF14
スプラトゥーン

バイク:YAMAHA
DragstarClassic 400

FF14:Shinryu

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

日記 (309)
食卓 (2)
FF14 (2)
UO (20)
お知らせ (3)
ゲーム (108)
旅日記 (10)
MOTHER2 PSI禁止旅 (12)
モンハン (4)

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。